カテゴリー別アーカイブ: デリケートゾーンの黒ずみ解消石鹸とは

デリケートゾーンの黒ずみの原因を理解しましょう

17

デリケートゾーンの黒ずみの原因1.肌の摩擦

日頃からデリケートゾーンの黒ずみを恥ずかしく感じている女性は多いと思います。デリケートゾーン周辺は皮膚は薄く、他の部位に比べて黒ずみやすい部位です。ですので少しの刺激や摩擦によってメラニン色素が沈着し、黒ずみになってしまいます。これは、ショーツなどの下着との摩擦など毎日刺激にさらされています。

通常はターンオーバー(肌の新陳代謝)によって、黒ずみが解消されていきます。例えば日焼けなどで黒くなった肌は、自然に元の肌の色に戻りますが、デリケートゾーンに関しては、常に下着と摩擦が発生しているため、このターンオーバーがうまく機能しません。

ですので、お風呂などでもゴシゴシ洗うのは禁物です。ネットなどで優しく泡立てたデリケートゾーンの黒ずみ対策専用の石鹸で1〜長くても2分程度、泡パックするだけでも十分です。

また、陰毛のムダ毛処理で使用する剃刀なども注意が必要です。一定の頻度で繰り返し行う必要があるため、黒ずみの原因となってしまいます。陰毛のムダ毛処理の前後にデリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームまたは、美容液を塗り、摩擦を減らすとともに、デリケートゾーンの保湿を心がけましょう。

摩擦による刺激は、デリケートゾーンの黒ずみの代表的な原因になりますので気をつけたいものです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因2.小さめの下着

女性はショーツなどの下着を着用する際、比較的身体に密着したものを選択していることが多いと思います。お風呂に入っている時間以外は、睡眠時もショーツなどの下着を身につけている女性がほとんどだと思いますので、このことによって「デリケートゾーンの黒ずみの原因1.肌の摩擦」で説明したとおり、常に摩擦による刺激を受け、メラニン色素が沈着してしまいます。

また、小さめの下着の圧迫によって血行が悪くなり、下着が肌と摩擦することによってデリケートゾーンのメラニン色素の沈着を起こります。

とは言っても外出時やデート時などは女性はどうしても可愛い下着を身に付けたいものです。ただし、家にいる時などはデリケートゾーンもゆっくりリラックスできるようにショーツなどの下着を身に付けない、もしくは身につけるとしても、綿など柔らかい素材の下着を身につけ、デリケートゾーンを摩擦などの刺激から守りましょう。

デリケートゾーンの黒ずみの原因3.ホルモンバランスの崩れ

ホルモンバランスの乱れると、ターンオーバーがうまく機能してくれません。大別すると、女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲストロン(黄体ホルモン)の2種類に分類されます。

エストロゲンは主に卵巣に関与するホルモンで、排卵をサポートしてくれるホルモンなのです。プロゲステロンは受精をした後に関与するホルモンで、受精した卵子が着床しやすいようにサポートをしてくれます。

また、プロゲステロンは出産に備えて、女性に皮膚を守ろうとする機能があり、妊娠すると乳首やデリケートゾーンが黒ずむのはそのプロゲステロンの働きによるものです。産後はホルモンバランスが元に戻り、自然と黒ずみは解消されていくことが多いようです。

ホルモンバランスの大敵には、生活習慣の乱れ、ストレス、冷えなどがあります。不摂生は避け、体を暖かくして休養をしっかりとるように心掛けましょう。

口コミをデリケートゾーンの黒ずみ解消の参考にしよう

16

なぜ口コミが重要なのか

インターネットでデリケートゾーンの黒ずみについて調べていると思いのほか、たくさんの情報サイトがあることに気がつきます。中にはランキング形式で色々な商品を紹介しているサイトもありますが、実際にデリケートゾーンの黒ずみケア商品を使用してレビューしてくれている親切なサイトなどもあります。

販売サイトは基本的にその商品のことを悪く書くことはありません。商品比較サイトなどでは、その商品の購入ページに閲覧者を誘導して利益を上げているサイトもあります。一般的にいうアフィリエイトという方法です。ただしこの手の比較サイトであっても配合成分、価格、どのような効果が期待できるのかなどの比較には十分役立ちます。

また、中にはデリケートゾーンの黒ずみについての解説やそのケア方法などを紹介し、その悩みにあった商品をおすすめしてくれるサイトもあります。

特に一番最初にどの商品を選ぶかは、非常に迷うところではないかと思われますので、いろいろなサイトを閲覧し、よりデリケートゾーンの黒ずみついて知識を深め、そして予算と相談しながら購入する商品を決めるのが良いと思われます。

実際にデリケートゾーン黒ずみケア商品を試して比較したサイト

比較サイトや口コミサイトを見ても、実際にどの商品を選べば良いのかがわからないという理由で、3人の女性が実際に10種類の商品を購入して比較してみたというサイトがあります。ちょっと生々しい写真などですが、3人が実際にデリケートゾーンの黒ずみケアの商品を使い、その効果がわかるよう使用前と使用後の写真を日を追って掲載しています。

その中でも3人が揃って効果を実感できたのが、株式会社ファイブテイルズから発売されている「イビサクリーム」です。写真を見ても(もちろん法に抵触するような写真ではありません)その効果は明らかでした。10種類の商品の中で3人ともに効果が現れたのはこの「イビサクリーム」のみです。この3人の口コミによると、肌荒れがない、乳首にも使用したがピンク色になった、美白成分にトラネキサム酸が入っている割に安いとかなり絶賛されています。

このサイトは実際に10種類のデリケートゾーンの黒ずみケアの商品を使っているので、より使用感なども伝わってくるうえに、効果が得られなかったものについてもその旨を掲載しています。

このようにいろいろ検索をしてみて、口コミからより信用できる情報を手に入れることも、余計な費用をかけずにデリケートゾーンの黒ずみを解消する近道になるかもしれません。

口コミサイトはうまく活用しよう

このように口コミサイトや比較サイトといっても、作り手側の意図によってその内容は大きく異なってきます。とにかくアフィリエイトで稼ぎたいというサイトは、どの商品についてもいいことばかりしか書いていません。その手のサイトを参考にしてみても、結局どれが本当にいいのかがわからなくなってしまいます。

口コミサイトや比較サイトをうまく活用するには、きちんとメリット、デメリットについて説明しているサイトなどをうまく見つけ出して情報を得たり、医師などの専門家が運営するサイトで正しい知識を身につけることも大切です。

デリケートゾーンの黒ずみの正しい改善方法とは

15

デリケートゾーンの黒ずみを改善するための石鹸

デリケートゾーンは皮膚が薄く、文字どおりデリケートで傷つきやすい部位なので、デリケートゾーンに使用する石鹸は、低刺激で汚れが落ちるものを選ぶことが大切です。では、具他的にデリケートゾーンの黒ずみ改善のためにはどんな石鹸を選べば良いのでしょうか。

まずは、界面活性剤が入ったものは避けましょう。じつは、一般的に無添加石鹸とされているものでも、泡立ちが良いものの中には、化学的に合成された界面活性剤が添加されている場合が多いです。この手の石鹸やアルカリ性の石鹸は、洗浄力が強いので汚れは落ちやすいのですが、デリケートゾーンへの刺激が強いばかりではなく、肌に必要な常在菌まで洗い流してしまいます。デリケートゾーンの洗浄には常在菌による自浄作用があり、それほど洗浄力は必要としませんので、洗浄力が弱く刺激の少ない無添加の弱酸性石鹸でもデリケートゾーンの黒ずみ改善に期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみを改善するための成分

最近は、デリケートゾーンの黒ずみを改善するための石鹸として、ジャムウという成分を配合したものがよく見受けられるようになりました。このジャムウというのは、インドネシアに古くから伝わる民間伝承薬で、インドネシアのジャワ語で「植物などから作られた薬」を意味する成分です。

このジャムウというのは、様々なハーブ類を調合して作られたものですので、商品が違えばジャムウの内容も違います。最近売られているジャムウ配合石鹸は、デリケーゾーンの黒ずみ改善のために調合された成分であり、副作用のリスクも低く、自然な効き目が得られます。

ジャムウ配合石鹸は、口コミでも、トラブルが改善して肌がキレイになったなどなかなかの評判です。

デリケートゾーンの黒ずみを改善するための合わせ技

これらの石鹸を使用しても、ゴシゴシ洗ってデリケートゾーンに刺激を与えては改善は期待できません。デリケートゾーンの洗浄方法は、まずネットなどで石鹸を泡立てます。その後、デリケートゾーンにパックをするように泡を塗ります。1〜長くても2分程度放置してください。その後ぬるめのお湯でやさしく流してください。物足りないかもしれませんが、石鹸を使用した改善方法はこれで十分です。

ところが、お風呂に入り、デリケートゾーンを洗浄すると、保湿成分まで洗い流されてしまいます。保湿成分が不足すると下着などの摩擦の刺激に敏感になってしまいます。そこで登場するのが、保湿クリームです。最近販売されているデリケートゾーン専用のクリームには、保湿成分だけでなく、美白成分が含まれている優れものがあります。

デリケートゾーン黒ずみ改善用石鹸とデリケートゾーン黒ずみ改善用クリームの併用で、その効果はさらに期待できるものになります。ただし、1回、2回の使用では効果は実感できませんので、継続してデリケートゾーンの黒ずみの改善に取り組む必要があります。

デリケートゾーン黒ずみケア商品の人気ランキング

14

デリケートゾーン用黒ずみケアクリーム部門ランキング

まず最初はネット上で評判の良いクリームについてご紹介します。それぞれメリット、デメリットがあると思いますので、あえて順位をつけずネット上での評判の良いものをご紹介します。

・ハーバルラビット(35g・1ヶ月分)
小悪魔agehaのモデルさんにも評判のクリームです。黒ずみケア商品のアンケートでは4冠を達成しているネットで話題の商品です。

・イビサクリーム(35g・1ヶ月分)
厚生労働省で認可されている美白成分「トラネキサム酸」が配合されています。肌の弱い方にもおすすめです。

・ホスピピュア(30g)
湘南美容外科クリニック監修のデリケートゾーン専用の薬用美白クリームです。

・ヴィナピエラ(30g・1ヶ月分)
日本製の医薬部外品なので安全して使用できます。始めやすく続けやすい環境で、デリケートゾーンの黒ずみにお悩みの方向けです。

・ヴィエルホワイト(30ml)
3種類の美白成分と11種類の保湿成分が配合されています。デリケートゾーンの黒ずみの解消が期待できます。

デリケートゾーン黒ずみケア石鹸部門ランキング

・シークレットレディジャムウソープ(100g)
黒ずみ対策成分だけでは全てのデリケートゾーンの悩みを解消してくれるデリケートゾーン用の石鹸です。泡立ちや香りも良いのも特長です。

・ANNBEAUTEフェミニーナウォッシュ(150ml)
質の良いオーガニック成分を使用しているため、やや高めの価格設定です。保湿作用が高く、ボディソープタイプのため固形石鹸より使いやすいのも特長です。

・LC‘sジャムウハーバルソープ (64g)
無香料の石鹸です。ジャムウが配合されているおり、美白効果が期待ができます。

・ドルチェローズ生ジャムウソープ(80g)
デリケートゾーンの常在菌を残してくれる優しい石鹸です。こちらもジャムウ配合で美白効果に期待できます。

・ロンタルハーバルジェルソープ
弱酸性・低刺激のジェルタイプの石鹸です。価格は少々高めとなっています。

ランキングはあくまでも目安に

今回はあえてランキング形式ではない形でデリケートゾーン黒ずみケア用のクリームと石鹸を紹介させていただきましたが、みなさんが実際に商品を購入する際は、インターネット上でランキング形式で紹介されているものはあくまでも目安としてください。サイトによっては、全く違う順位をつけているものもあり、デリケートゾーンの黒ずみケアのための商品の中でも、今回は比較的にインターネット上で露出が多いものをご紹介しました。

また、インターネット上には実際に商品を使用してレビューしているサイトなどもあり、デリケートゾーン黒ずみケア用商品の選択に役立つかもしれません。

デリケートゾーンの黒ずみという他人にはなかなか相談できない悩みのために、逆にインターネット上にはデリケートゾーンのケアについての情報があふれています。それらの情報をこまめに収集しつつ、予算や購入形態(定期購入ができる商品もあります)なども加味しながら、商品を選ぶようにしてください。

デリケートゾーンの黒ずみの正しいケア方法とは

13

デリケートゾーンのケア、洗いすぎは禁物

デリケートゾーンは、常に清潔にしておきたいばかりに、ついついゴシゴシ洗ってしまい、それが黒ずみの原因である摩擦や肌の刺激になり、黒ずみや黒ずみの悪化につながります。洗いすぎると、本来大切な役割を果たしてくれている必要な菌まで流してしまい、もともと持っている肌の自浄作用が弱まってしまい、黒ずみや臭いの原因にもなってしまいます。

ゴシゴシ洗ったり長時間洗うことで、肌に必要な常在菌がいなくなります。するとデリケートゾーンの粘膜部分に雑菌が繁殖しやすくなり、「臭い」「かぶれ」「かゆみ」などの炎症だけではなく、カンジダ膣炎など雑菌が原因の性病になる可能性が高くなります。

毎日のデリケートゾーンのケア(ソープでの洗い方や石鹸、クリームでのケア)を、正しい方法を行うことで、黒ずみの対策や悪化を防止することができるようになります。

デリケートゾーンは弱酸性の石鹸でケアしましょう

普段使用する石鹸には、肌質と同じ弱酸性石鹸の他に、アルカリ性の石鹸があります。アルカリ性の石鹸は洗浄力が強く、仮にアルカリ性の石鹸を使用しても肌は、弱酸性に戻りますので通常の部位では問題がありませんが、皮膚が薄いデリケートゾーンのケアには不向きです。

しかし、デリケートゾーンの皮膚はとても薄くまた、とても敏感なため、アルカリ性の石鹸だと洗浄力が強すぎてしまいます。そのため、乾燥を引き起こし、摩擦などの刺激に敏感な状態になってしまいます。ですので、デリケートゾーンのケアは、肌質と同じ弱酸性石鹸で洗浄することが大切になります。

最近は、デリケートゾーン用の石鹸なども販売されています。これらの石鹸には防腐剤や、界面活性剤などの添加物が入っておらず、肌に負担をかける心配がありません。

デリケートゾーン専用の石鹸は、天然由来の洗浄、殺菌成分が配合されており、洗浄力が強すぎないため、デリケートゾーンに必要な菌を残しつつ、優しく洗い上げることができるのがデリケートゾーン専用石鹸の特徴です。

また、黒ずみ対策には、メラニン色素を抑える成分としてインドネシアに古くから伝わる民間伝承薬「ジャムウ」などが配合されているものなどがおすすめです。

1〜2回程度の使用では効果は得られませんが、継続して使用することでデリケートゾーンの黒ずみが悪化することを防ぐことが可能です。

デリケートゾーンの黒ずみをケアには専用クリームも

デリケートゾーンの黒ずみを何とかケアしたいけど、お医者さんに見せるのはちょっと恥ずかしいという思いから、皮膚科などの病院に通えないという方もいると思います。

そんな方におすすめなのがデリケートゾーン専用の美白クリームを使用して黒ずみをケアする方法です。使い続けることで肌のターンオーバーが活発になり、沈着していおるメラニン色素が徐々に剥がれ落ちていきます。使い方も簡単で黒ずみが気になる部分に塗るだけです。

クリームを選ぶ基準としては、美白成分であるトラネキサム酸が配合されていること、デリケートゾーンに特化した商品であることが最も大事なところです。また、ハイドロキノンという美白成分がありますが、この成分は刺激が強く、デリケートゾーンの黒ずみケアには不向きですのでご注意ください。

実はこの手の情報はネット上に溢れていて、実際に使用してみた方の効果などが掲載されているサイトなどもあります。それらを参考にしてみるのも良いかと思われます。

デリケートゾーンの黒ずみのケアと対策をしよう

12

もう一人で悩まないデリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみについて、とても他人には相談できませんし、皮膚科など医師に診てもらうのも恥ずかしく、自分一人で抱えがちな悩みの一つです。あまりに気にしすぎると性生活にも支障をきたしてしまうことも。でもどう対策していいのかわからないというのが本音ではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法が一体あるのか、またこれ以上黒ずみが進行するのではないかと心配している方に、最適な対策方法についてお伝えしたいと思います。肌の黒ずみについて、特にデリケートゾーンの黒ずみについて、理解してただきたいと思います。

デリケートゾーン黒ずみの原因の大半は下着の摩擦や刺激

妊娠や出産、加齢によってもデリケートゾーンが黒ずむことがありますが、一般的な肌の黒ずみの原因はほぼ、肌の摩擦や刺激です。そのなかデリケートゾーンの皮膚はまぶたのそれよりも薄く、全身の他の部位に比べても最も黒ずみやすい部位なのです。

日頃が下着のゴムの締め付けや、タイトなショーツの摩擦で皮膚が赤くなったことがあります。デリケートゾーンは、毎日身につけている下着やショーツによる摩擦や刺激の積み重ねで黒ずみになります。下着のゴムの部分が毎日あたる部分は黒ずんでいる方が多いと思われます。これも下着による摩擦や刺激の積み重ねでできた黒ずみです。ショーツや下着のゴムで圧迫された部分は、外部から必要以上な刺激を受けてると勘違いしていまい、肌を守ろうとします。黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を活発にし、肌が赤くなり次第にその赤みが黒ずみに変わっていきます。

紫外線を浴びて起こる日焼けと同じ構造ですが、日焼けは徐々に赤みや黒ずみが引いていくのですが、デリケートゾーンの黒ずみはそのままでは解消されることはありません。なぜなら毎日同じ場所がほぼ一日中、摩擦や刺激を受けているからです。

妊娠、出産と加齢によるデリケートゾーンの黒ずみ

妊娠や出産を機に、デリケートゾーンや乳首が黒ずんでくることが良くあります。通常は、肌が摩擦や刺激を受けた結果、メラニン色素が蓄積されて肌の黒ずんでいくのですが、妊娠時は、母体が出産に備えて肌を守るためやホルモンバランスが乱れることで、メラニン色素が蓄積されることが黒ずみの原因です。

そのため、皮膚全体のターンオーバー(肌の新陳代謝)も乱れ、デリケートゾーンだけでなく、乳首・乳輪も黒ずみになったりします。通常は産後はホルモンバランスの乱れも治り、ターンオーバーも正常になり、黒ずみは徐々に解消されていきます。ところがデリケートゾーンだけは、出産時にかなりのダメージを受けているので、他の部位より薄くなりにくく、軽度の黒ずみが残る場合があります。

また、肌への刺激や、妊娠、出産のとは別に、加齢によって肌は黒ずみやすくなります。通常の肌はターンオーバーによって約28日周期で新しい肌に生まれ変わります。それが、人にもよりますが30代あたりから徐々にターンオーバーが遅れ始めます。50代では2〜3週間ほど遅れてます。

30代を超えて、黒ずみが悪化するのはやむを得ません。ただし、メラニン色素の沈着による黒ずみはケアや対策よって解消することが可能です。摩擦による刺激を与えないこと、乾燥させないことで肌のメラニン色素の沈着を防ぐことがとても大切になります。

ターンオーバーとは

ターンオーバーとは新陳代謝の中でも肌の新陳代謝に特にこのように呼び、表面の皮膚が生まれ変わることを意味します。肌は約28日間かけて角化し、その角化した肌は角質となり、人の手によって削られたり、お風呂などで自然とふやけて垢として剥がれていきます。この一連のサイクルがターンオーバーです。

また、ホルモンバランスが乱れて、ターンオーバーがうまくコントロールされないことががあります。大別すると、女性ホルモンは卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲストロンの2種類があります。特にプロゲストロンは卵子が受精した時に着床を助ける機能を持っているので、ホルモンバランスが崩れプロゲストロンの働きが強くなると、妊娠した時のように黒ずみが悪化する可能性があります。

これら理解したうえで、デリケートゾーンの黒ずみの対策とケアをしていきましょう。