デリケートゾーンの黒ずみのケアと対策をしよう

12

もう一人で悩まないデリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみについて、とても他人には相談できませんし、皮膚科など医師に診てもらうのも恥ずかしく、自分一人で抱えがちな悩みの一つです。あまりに気にしすぎると性生活にも支障をきたしてしまうことも。でもどう対策していいのかわからないというのが本音ではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法が一体あるのか、またこれ以上黒ずみが進行するのではないかと心配している方に、最適な対策方法についてお伝えしたいと思います。肌の黒ずみについて、特にデリケートゾーンの黒ずみについて、理解してただきたいと思います。

デリケートゾーン黒ずみの原因の大半は下着の摩擦や刺激

妊娠や出産、加齢によってもデリケートゾーンが黒ずむことがありますが、一般的な肌の黒ずみの原因はほぼ、肌の摩擦や刺激です。そのなかデリケートゾーンの皮膚はまぶたのそれよりも薄く、全身の他の部位に比べても最も黒ずみやすい部位なのです。

日頃が下着のゴムの締め付けや、タイトなショーツの摩擦で皮膚が赤くなったことがあります。デリケートゾーンは、毎日身につけている下着やショーツによる摩擦や刺激の積み重ねで黒ずみになります。下着のゴムの部分が毎日あたる部分は黒ずんでいる方が多いと思われます。これも下着による摩擦や刺激の積み重ねでできた黒ずみです。ショーツや下着のゴムで圧迫された部分は、外部から必要以上な刺激を受けてると勘違いしていまい、肌を守ろうとします。黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を活発にし、肌が赤くなり次第にその赤みが黒ずみに変わっていきます。

紫外線を浴びて起こる日焼けと同じ構造ですが、日焼けは徐々に赤みや黒ずみが引いていくのですが、デリケートゾーンの黒ずみはそのままでは解消されることはありません。なぜなら毎日同じ場所がほぼ一日中、摩擦や刺激を受けているからです。

妊娠、出産と加齢によるデリケートゾーンの黒ずみ

妊娠や出産を機に、デリケートゾーンや乳首が黒ずんでくることが良くあります。通常は、肌が摩擦や刺激を受けた結果、メラニン色素が蓄積されて肌の黒ずんでいくのですが、妊娠時は、母体が出産に備えて肌を守るためやホルモンバランスが乱れることで、メラニン色素が蓄積されることが黒ずみの原因です。

そのため、皮膚全体のターンオーバー(肌の新陳代謝)も乱れ、デリケートゾーンだけでなく、乳首・乳輪も黒ずみになったりします。通常は産後はホルモンバランスの乱れも治り、ターンオーバーも正常になり、黒ずみは徐々に解消されていきます。ところがデリケートゾーンだけは、出産時にかなりのダメージを受けているので、他の部位より薄くなりにくく、軽度の黒ずみが残る場合があります。

また、肌への刺激や、妊娠、出産のとは別に、加齢によって肌は黒ずみやすくなります。通常の肌はターンオーバーによって約28日周期で新しい肌に生まれ変わります。それが、人にもよりますが30代あたりから徐々にターンオーバーが遅れ始めます。50代では2〜3週間ほど遅れてます。

30代を超えて、黒ずみが悪化するのはやむを得ません。ただし、メラニン色素の沈着による黒ずみはケアや対策よって解消することが可能です。摩擦による刺激を与えないこと、乾燥させないことで肌のメラニン色素の沈着を防ぐことがとても大切になります。

ターンオーバーとは

ターンオーバーとは新陳代謝の中でも肌の新陳代謝に特にこのように呼び、表面の皮膚が生まれ変わることを意味します。肌は約28日間かけて角化し、その角化した肌は角質となり、人の手によって削られたり、お風呂などで自然とふやけて垢として剥がれていきます。この一連のサイクルがターンオーバーです。

また、ホルモンバランスが乱れて、ターンオーバーがうまくコントロールされないことががあります。大別すると、女性ホルモンは卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲストロンの2種類があります。特にプロゲストロンは卵子が受精した時に着床を助ける機能を持っているので、ホルモンバランスが崩れプロゲストロンの働きが強くなると、妊娠した時のように黒ずみが悪化する可能性があります。

これら理解したうえで、デリケートゾーンの黒ずみの対策とケアをしていきましょう。