デリケートゾーンの黒ずみの正しい改善方法とは

15

デリケートゾーンの黒ずみを改善するための石鹸

デリケートゾーンは皮膚が薄く、文字どおりデリケートで傷つきやすい部位なので、デリケートゾーンに使用する石鹸は、低刺激で汚れが落ちるものを選ぶことが大切です。では、具他的にデリケートゾーンの黒ずみ改善のためにはどんな石鹸を選べば良いのでしょうか。

まずは、界面活性剤が入ったものは避けましょう。じつは、一般的に無添加石鹸とされているものでも、泡立ちが良いものの中には、化学的に合成された界面活性剤が添加されている場合が多いです。この手の石鹸やアルカリ性の石鹸は、洗浄力が強いので汚れは落ちやすいのですが、デリケートゾーンへの刺激が強いばかりではなく、肌に必要な常在菌まで洗い流してしまいます。デリケートゾーンの洗浄には常在菌による自浄作用があり、それほど洗浄力は必要としませんので、洗浄力が弱く刺激の少ない無添加の弱酸性石鹸でもデリケートゾーンの黒ずみ改善に期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみを改善するための成分

最近は、デリケートゾーンの黒ずみを改善するための石鹸として、ジャムウという成分を配合したものがよく見受けられるようになりました。このジャムウというのは、インドネシアに古くから伝わる民間伝承薬で、インドネシアのジャワ語で「植物などから作られた薬」を意味する成分です。

このジャムウというのは、様々なハーブ類を調合して作られたものですので、商品が違えばジャムウの内容も違います。最近売られているジャムウ配合石鹸は、デリケーゾーンの黒ずみ改善のために調合された成分であり、副作用のリスクも低く、自然な効き目が得られます。

ジャムウ配合石鹸は、口コミでも、トラブルが改善して肌がキレイになったなどなかなかの評判です。

デリケートゾーンの黒ずみを改善するための合わせ技

これらの石鹸を使用しても、ゴシゴシ洗ってデリケートゾーンに刺激を与えては改善は期待できません。デリケートゾーンの洗浄方法は、まずネットなどで石鹸を泡立てます。その後、デリケートゾーンにパックをするように泡を塗ります。1〜長くても2分程度放置してください。その後ぬるめのお湯でやさしく流してください。物足りないかもしれませんが、石鹸を使用した改善方法はこれで十分です。

ところが、お風呂に入り、デリケートゾーンを洗浄すると、保湿成分まで洗い流されてしまいます。保湿成分が不足すると下着などの摩擦の刺激に敏感になってしまいます。そこで登場するのが、保湿クリームです。最近販売されているデリケートゾーン専用のクリームには、保湿成分だけでなく、美白成分が含まれている優れものがあります。

デリケートゾーン黒ずみ改善用石鹸とデリケートゾーン黒ずみ改善用クリームの併用で、その効果はさらに期待できるものになります。ただし、1回、2回の使用では効果は実感できませんので、継続してデリケートゾーンの黒ずみの改善に取り組む必要があります。